自由形式のテスト

2008年02月17日

もったいない野菜の構造

もったいない野菜の構造

今次の餃子事件で公衆一般に顕在化したことは、冷凍野菜、加工野菜の多くが、輸入安価であったこと。

フローの需給バランスでの供給超過分は、ストックへまわす選択肢もあったであろう。
だが、直近現下の経済価格構造では、国内野菜は、葉物といえども、冷凍野菜∪漬物にまわすことが、不利、無理、無利、負利益、負利である。

需給バランスの読みが、より高精度に求められることとなる構造下にあるのではないか?無理な構造があるのでは?直近現下の状況では。
posted by raycy at 11:49| Comment(0) | TrackBack(1) | mottainai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84408135
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

出荷調整は、作付け植え付け種まき調整で? 予約を入れて、結果をコントロールする。
Excerpt: 産地発!たべもの一直線「群馬 太田市発〜ほうれん草」 http://www.nhk.or.jp/tabemono/back_number/080217.html 群馬 太田市発 ほうれん草 ほう..
Weblog: 霊犀社2
Tracked: 2008-02-17 12:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。