自由形式のテスト

2007年02月05日

希少性 賦存分布 希薄性 存在分布 不均等(インホモジニアス)とネゲントロピー エクセルギー 存在分布

太陽光の受光を考えるときには、分布を考慮するだろう。ムリに平均だけで扱うことは変。

直下落下式汲み取り便所での大で返ってくるおつり理論(小出昭一郎)式に?太陽電池を見做すと、大粒の光が、より高くおつりを返しそうに思われる。


http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/0521cedd997a64ee4957732dc326f7cc
霊犀社2 エクセルギー 賦存分布 クラーク数 希少性 過剰性 均衡分布

地球生態圏内存在分布をシステムに込めるために分布を扱う。そのために佐藤正隆のKLネゲントロピーが使えないか?
posted by raycy at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え中など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。