自由形式のテスト

2007年02月04日

能率を語る一般理論はまだないようだ。これからもない?

エントロピー生成極小?
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/8733bcace9cbf99268ea73c408e0b3ad
霊犀社2 最小 極小エントロピー生成 熱音響自励振動 ポンポン船

http://raycy.seesaa.net/article/23972221.html
霊際: 環境理解のための熱物理学 白鳥紀一 中山正敏

http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/ad1471d0c784a060ace84126d813764b
霊犀社2 Maximum power principle?

http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/69f7bcbb91e11d5a10ab5ef0d22397bb
霊犀社2 Exergoecology Emergy Odum

エクセルギー逓減極小の原理
http://raycy.seesaa.net/article/11423392.html
霊際: 「エクセルギー」のすすめ―熱力学の革命がはじまっている ブルーバックス 押田 勇雄 (著)

目的関数の評価項目でのウエートを能率最大から 極小エントロピー生成へ?


理論最大値に達しなくとも、プロメテウス条件をクリアしていれば。
バイオマス、「いわゆる自然エネルギー」はフローは只。
設備費維持費環境負荷LCAだかとのバランスの問題。。?
境界条件というか、個別事象・何とかしたいせにゃ成らぬニーズのある事象を説明ように理論が組み立てられなきゃ意味がない。か?

急ぐべきことと、シフトダウンと?
シフト。とりあえず非再生資源利用量の圧縮と再生可能資源利用への代替社会。
インピーダンス整合? 幸福度(?)がアップするツボを押せ。

非再生資源蕩尽より楽しい代替活動に、時間を占拠させる。
社会資本資源拡大活動に、時間を占拠させる。

経済速度設計、資源再生速度に見合った速度、

分離の手順によっては、、、、
posted by raycy at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え中など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。