自由形式のテスト

2006年11月27日

この土地(の次年度の営農権ばかりでなく永遠に放棄?)いりません、あげます/あげました 踊り。太田裕美の実家付近に伝わる奇習?

[太田裕美 やったり] goo ウェブ検索結果
やったり踊り、日本国下、天下の奇習ではなかろうか。
農業土地生産性の低い、貧栄養な土地柄なのであろう、年貢の面積辺り平均徴税率を下回る生産しか上げられぬ事が約束された土地であったのか。

譲りあい、いさかいでもあったのかな?それが踊りという形で、祭りへと昇華されていった?一種のパフォーマンス示威行動デモンストレーションか。ならば、税率は減免されたのだろうか、あるいは徴税対象から除外するとか、あるいは下肥を支給されるとか?

(タイトル訂正、土地の営農権利を、相撲勝負などして押し付けあう じゃなくて 押し付けました記念? のようだ。)

土地といっても、いろいろ あらあな。(人生いろいろ、、土地にも、、)

しかし、タダでもらえるなら、いただきたい と 思われる向きもあろう、太田裕美ファンのかたとかで。
まあ、ちょっとは、もったいないようにも、感ぜられたであろうか。
------------------
ところでである。こんなまつりは、他の町にもあるのであろうか。

税金によって作り出された踊り。
ゆがんだ税制の矛盾に、ついには 踊ってしまうという、、、
税制改革監視の街とかはどうか。町興し案として。。
これは、町興し資源として使えるのかどうか。

これら、もったいなさの事例として、一応書いておく。
posted by raycy at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | mottainai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。