自由形式のテスト

2006年11月30日

0.001 蓋をする者(耳に?):もったいなさの定量的表現の理論的基礎 杭を打つ者。<<>>田を作る、場を作る、排除しない、、、せめてホロコーストしない、、、根絶しない、、、根絶はできない!?どっこい生きていこう。「どっこい」でいこう!!

城壁都市を征服した軍は正しい
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/c5625ce1386550a4887cf822576b6401
霊犀社2 日本語なるほど塾・にほんごの立役者・漢字の力”一目でわかる漢字パワー”

現実の革命は、力の闘争という面が強い。ありがたいことに、科学・技術の世界の革命は、最後に正しいものが勝つに決まっている。
http://raycy.seesaa.net/article/11423392.html
霊際: 「エクセルギー」のすすめ―熱力学の革命がはじまっている ブルーバックス 押田 勇雄 (著)

0.0001 エントロピー学会の「20年」とは
「エントロピー学会の理論中枢がネゲントロピー認知に要した時間」ということになる、ネゲントロピー提唱者側からみれば。あぁ慶賀。あ、もっと当所らしいコメントがあった。「もったいない」。ひょっとしてこれはもったいない理論かもしれない。


エントロピーとネゲントロピー。見る向きが逆なだけ(杉田もとよし元宜?)。もしそうなら、つまりは言及内容は等価な概念であるはずかも。。????、、、、
http://raycy.seesaa.net/article/11533292.html
霊際: 杉田元宜 負エントロピーについて

エントロピーとネゲントロピー、便所から見るか、逆からみるか、リンゴからみるか。
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/935fc2e6a68a658a7d8273013f48b67e
霊犀社2 食卓のリンゴやがて便所に。杉田元宜リンゴで糞尿想起?リンゴ>>糞尿+仕事+汗排気廃熱+生ゴミ(非可食部)

なるほど、便所から見あげただけでは、生ゴミは見えないかも。可食部のみで。

だが、そのほかにも、問題があったように思われるのだ、なんとなく。


ボルツマンのモデルは、熱の墓場の熱力学だ。
それ以上、エントロピーは増えない。てことは、エントロピーには天井があるのか?
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/1c791d4dc900f04d7ecf3f8226e1484c
霊犀社2 エントロピーの天井

熱の墓場の熱力学。人だと、口から尻までの消化管の入りと出で測れば、これは
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/df0b29c73aa8ac06bff0219cd3cfcc50
霊犀社2 杉田元宜の呪い、便所の定式化の呪い。便所の物理学;、、、便所で物理学!便所から見上げる物理学。

杉田は、口から尻までを包括して、摂食>>排泄までの消化管を意識した系で、便所の熱力学を構想したのではなかったのか、排泄残滓を基準値として。なぜなら、便所は熱の墓場ではなく、糞尿には標準理論では、まだ残存エクセルギーがたっぷり有るのだから。(これからは杉田を便所の神様とあがめようか。でないと定式化のたたりが、、、?)


ところで、人は、人毎に、腸管環境・生物層が異なり、ことにある種の食物については、個人間の、エクセルギー化力?、滋養化力?が違い、摂取カロリーが違ってくることもあるようだ。
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/a96e7e0bf7c1f0139d9b4d79f25fccff
霊犀社2 標準栄養成分 日本人における利用エネルギー測定調査。エクセルギーは人腸毎に

このように、摂取したものが、どこまで利用されて廃棄されるかということもある。

これは、打ち切りポイントの問題でもあり、
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/833d66dae996ea806dc0bee7895cfcd9
霊犀社2 油の量り売り

のような、行動選択の問題になってくる場合もあろう。



「エントロピー」という語感が与える心理的効果、なんていうのもあるのだろうか。前々世紀末にどのように使われてたかなんて記憶は、もう無いはずだが。

19世紀末ごろの、どんどん短くなる地球寿命のケルビンによる見積もり。終末観、進化への必要時間の不足。そんな中で思う、聞く、エントロピー。
http://raycy.seesaa.net/article/12974285.html
霊際: 漱石とあたたかな科学―文豪のサイエンス・アイ 講談社学術文庫 (1324) 小山 慶太 (著)

これなどは、ずいぶん極端な例であるが、最終平衡状態を語ることは、未来予想の面があり、現在の知見からの外挿(過去から現在まで引かれてきたグラフの線を未来まで尤もらしく引き伸ばすようなこと)でしかないことに、気をつけておかなければならないであろう。ともかく、未来への知識、結局現在の知見の限りでしか、予測はできない。シミュレーションといえども、現在の知見で外挿した見積もりの一種ではないだろうか。養老式に言えば、
http://raycy.seesaa.net/article/14944058.html
霊際: 養老孟司 「ああすればこうなる」
、、、はず、これかな?想定外・予想外?

そんな不確実な未来の話、わからない。すると人は
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/0ae3d921a1ccb73a2504c00b1b88ec81
霊犀社2 気持ちは、楽な方、お得な方、もっともらしいほうへ傾きがち。第一印象での予断、偏見で。充分検討せずに。

なんてことにも、なりかねない。

確実なことと、そうでないことと。そして、予防原則か。リスク論は?


ネゲントロピーは誤解されていた。だが、エントロピーも誤解されていたのではないか。

ボルツマンへの誤解(赤池説)
http://raycy.seesaa.net/article/28515013.html
霊際: 赤池,弘次 エントロピ-を巡る混乱
http://raycy.seesaa.net/article/13519965.html
霊際: 赤池弘次 統計とエントロピ-
ボルツマンの歴史的な業績を歪曲しその正当な評価を妨げている。
は、大いに考えられることだが、

クラウジウスのエントロピーからして、というか思想というか概念からして、ホントに理解・継承されているのかどうか。
(2007.2.4)
http://raycy.seesaa.net/article/14569457.html
霊際: 安孫子 誠也 エントロピー的世界
「非補償のエネルギー転化」N

http://raycy.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83N%83%89%83E%83W%83E%83X
霊際をクラウジウスで検索
http://raycy.seesaa.net/article/14542794.html
霊際: クラウジウスの熱理論原典 八木 江里
-----------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------
このページは、
http://mlabo.seesaa.net/article/28498212.html
mottainai Labo もったいない研究所: 0.テーマ決めの袖りどころ:もったいなさの定量的表現の理論的基礎
からの続きです。
posted by raycy at 16:07| Comment(0) | TrackBack(1) | mottainai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

0.テーマ決めの拠りどころ:もったいなさの定量的表現の理論的基礎

「もったいない」は残存価値や、理想プロセスと乖離した低効率で物事が、放置された状態を形容する場合に使われていることがある。値打ちを値踏みする形容ことばだ。

これとちょっとは似た値打ちの値踏み表現に「ありがたい」という形容詞がある。こちらは「棚からぼた餅」系。値打ちが、上方に乖離した状態か。(だが”棚ぼた”だと、いわゆる岡田美里ケース・予期せぬ過剰問題・制御不能な過剰の不意打ち問題は残るが。)もう一点あった堺‐岡田の価値観そしてもったいない論争


つまり「もったいない」は、価値の見積もり値と現行の下方乖離状態との差を感じて発せられる表現の一つであろう。
-------------------------------
■価値。

エントロピー学会で価値といえば、先ず、槌田敦氏の「物理価値」が思い浮かぶ。

2004年のシンポジウムでの白鳥氏の講演への丸山氏の質問をきっかけに、井野氏は覚書(会誌54号,2005年3月)で「”物理価値””使用価値ポテンシャル”は”ネゲントロピー”とも等価な概念である」とした。また、「ネゲントロピーは、エクセルギーを環境温度で除した商」であるとも言及した。

物理価値(槌田)、使用価値ポテンシャル(玉野井)、熱力学的価値だったかな河宮)、拡散する能力(槌田)、熱学的価値(槌田)、ネゲントロピー(神里安孫子勝木

この「物理価値」概念カテゴリーは、河宮信郎氏が たしか物理学会誌で、そして エントロピー学会 会誌 えんとろぴぃ第2号でも「佐藤正隆のネゲントロピー」までを含めて言及していたことがある。

また、槌田氏は著書で、またネットでも?(うろ覚え)、この概念について、「ランダウ‐リフシッツ本での”環境下での最大仕事”」「プリゴジンの本にジュグエが言及してると書いてあった。うんぬん」とまで遡って記した。

ジュグエの名は、杉田元宜氏の著書にもジュゲの名である。

このジュグエJouguetが、ギュイ‐ストドラの関係を定式化した人だという。

この関係式については、ポピュラーサイエンス書・通俗科学解説書(にしてはいささか高級すぎる)
http://raycy.seesaa.net/article/11423392.html
霊際: 「エクセルギー」のすすめ―熱力学の革命がはじまっている ブルーバックス 押田 勇雄 (著)(1988/04)

に、グイ・ストドラの定理として紹介されている。

この辺のGouyギュイ、Stodolaストドラを交えたエクセルギーへの概念・術語の歴史の概要が、亀山(1999)による解説にある。
Gouyは1889年にenergie utilisableという語で最大仕事を論じ、Stodolaは、1898年にtechnishe Nutzarbeitを流れから得られる最大仕事として定義している。Jouguetは、1907年にこの2人の考えを総合して環境の値をゼロとおくことを提案した。

----------------------------------
(見積もり)価値つながり

「もったいない」、ネゲントロピー、エクセルギー(有効エネルギー、有用なエネルギー)
----------------------------------
■ネゲントロピーは(そしてエントロピーも)、かなり無次元数っぽい。


ネゲントロピーの単位は何だろうか。
ネゲントロピー、それは
 始めの状態 と 見積もりによる終わりの状態のエントロピーの差をとったもの
である。
(なぜ”見積もり”と入れたか。なぜなら、まだ終わっていない夢の?途中であり、まして一回限りの試行ではなおさら、未来のことは人智の及ぶ限り(ベストエフォート)の知見から外挿しているに過ぎないからである。断言できない、不確実な方向、それが未来であり、直近の準備して観察する着目系の過去は誤差範囲を押さえた限りで確実であることもある。出来レースで無い限りは、、。時がたつと、また不確かになる。だが、書誌時間内では確実になることもまたある、(データ蓄積精度向上型?)。

ということは、ネゲントロピーの単位はエントロピーの単位と同じ次元ということになる。
エントロピーの単位は凾r=凾p/Tとかで(熱量)割る(温度)だから[J/K]であろう。
ところでである。温度は、理想気体では、内部エネルギーと比例関係にある。

(中略 あとで考える)

要するに、非常に大きな、大数の壁があるとはいえ、

エントロピーは、そして ネゲントロピー も、単位量子?当りの 無次元数ということになる。はず。(あとで、要詳述)

これで、ネゲントロピーが、熱物理の世界のみに縛られぬ量、広く物理世界で通用する可能性の一端が垣間かいま見えた。

これで、ネゲントロピーが、物理量の世界のみに縛られぬ量であることの可能性が、垣間かいま見えた。

へ?てことは、無次元数全般が、物理の世界以外につうてい 0 【通底】する何かの表現であるとの仮説提起ということになるなあ。それは、どうかなあ。疑問。


ということは、無次元数の世界につうてい 0 【通底】する性質をネゲントロピーも 持っているのだろうか?相似性やら相変化指標性やららら?

----------------------------------------
■ボルツマンの統計力学におけるエントロピーの導出論文(1877年、それに1878年?)の前提は、イマジナリーな確率統計現象のみで 力学は抜き?

http://raycy.seesaa.net/article/25785526.html
物理学とは何だろうか 下  岩波新書 黄版 86 朝永 振一郎

で朝永は、ボルツマンの論文を解説して 部屋割りの問題 を述べ、平均延べ時間(滞在時間)で、
要するに事は会議室使用の時間わり
をモデルとして、デッドステート・熱死状態・最終平衡状態が、結局は状態の落ち着きどころであり、その状態の生起が「最も確からしい」との仮定で、最終平衡分布(ここではボルツマン分布)を導出したとみているようである。

ボルツマン論文「熱力学の第2法則と熱平衡についての諸定理に関する確率論の計算とのあいだの関係について」(1877年)では、分子の運動衝突には言及しない形で、導かれているように見える。分子衝突の式は、無いと思われるのだが、いかがか。連続コマ送り写真のように部屋の使用状況俯瞰図を眺めては、統計記録を取っているような操作、それだけによって、この論文は、書かれているように見えるが、いかがか。

ならば、エントロピーは ランダムな部屋移動運動(衝突かどうかなどの過程選択によらず)の統計量として、観察される可能性があるということであろう。

だが、今度は分子の運動過程の問題が、「ランダム」のほうへ付け替えられたということなのかもしれない。厄介なようわからん問題がでたら、みんな「ランダム」の側へ尻を持ち込んでくると。そこに「エルゴード性」だとかが入ってくるのかな?


ところで、このボルツマンへの啓示となったマクスウェルがヒントを受けたのは、ケトレー「社会の物理学」だって言うんですよ。
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/2e5aeabdb996824f5fe2a89277d396c8
霊犀社2 赤池弘次 ゴルフ Quetelet
-------------------------------------------




------------------------------------------
以下 もったいない系を詳述? 

「もったいない」は残存価値や放置状態などで、観察者が思い描く価値実現形態から、(しばしば大きく)下方に乖離して実現しているような様を称して使われる。静的状態の場合もあれば、動的プロセス・過程を称する場合もある。

たとえば、油を売る場合を考えよう。
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/833d66dae996ea806dc0bee7895cfcd9
霊犀社2 油の量り売り

情報量基準。価値観として捉える。
池波、赤池、もったいないじいさん、堺‐岡田。
http://raycy.seesaa.net/article/14943383.html
霊際: もったいないじいさん 今井 美沙子 (著)

http://raycy.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%89%BF%92l
霊際を価値で検索
posted by raycy at 23:47| Comment(0) | TrackBack(2) | mottainai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

−1.お詫び と 今後の展開について:もったいなさの定量的表現の理論的基礎

連載スタートしました。続きは
http://mlabo.seesaa.net/article/28498212.html
もったいなさの定量的表現の理論的基礎:0.テーマ決めの拠りどころ

----------------------------------------------------------------

ご聴講いただいた方々には、大変がっかりさせてしまう結果となったような気がします。どうか、続きはこちらで、ごらんいただけますよう、、、

----------------------------
お題を立てたからには、それに沿った話に 徹すべきでした。
逃げておりました。
かくなる上は、いかに粗末な説といえども、立てるのが、発表者の務め、先ずは自分の仮説の提示に注力したいと思っております。
------------------------------
今しばらく、お待ちください。

考え中
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/4271cfdff3409554698a2ed3f7a68c3c
なぜもったいないと思うのか。もったいなさを計測?内観?する。五感により得た情報から。事前か事後か。

非公開にしていた雑駁なプロットがありました。自分でも忘れていた。
http://mlabo.seesaa.net/article/26127394.html
mottainai Labo もったいない研究所: プロット



以下は、言い訳です。読むと、気分が悪くなる恐れもあります。
------------------------------
一応の講演プランはあったのでした。流れとしては、http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/9c78c6d3cac02b0083450c942f50bb16
霊犀社2 エントロピー、エクセルギー、ネゲントロピー こばなし 集。

にあるような点から、幾つか抜き出してお話しする構想を、当初は抱いておりました。

代謝における入りと出について、ある種の動物類を 消化管類と捉え、
その準備もしておりました。

http://blog.goo.ne.jp/raycy/s/%BE%C3%B2%BD%B4%C9
霊犀社2 消化管 で 検索

http://blog.goo.ne.jp/raycy/s/%C4%B2
霊犀社2 腸で検索

http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/01ce6abae2df9a46145f83661d3dc1a5
霊犀社2 エクセルギーレベルでの 長い腸管での喰い別け棲み分け 捕食界は一つながりの消化管

これは、捕食関係などによる重複も含めた、大雑把な、考えであり、

http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/a96e7e0bf7c1f0139d9b4d79f25fccff
霊犀社2 標準栄養成分 日本人における利用エネルギー測定調査。エクセルギーは人腸毎に

これは、同じ食物が、各個人が持つ消化管状態によって、異なったエクセルギーを与えるといった観点の可否について

また、ゼロエクセルギー廃棄に関連して、

ウンチの残存エクセルギーに関する、横浜セミナーで得た驚くべき伝聞事実、

かの地では、犬が人糞を食している。馬糞だか家畜の糞は食べない。用をたした後の尻を、犬が舐めに来る、紙代わりな犬の舌。現地人がそう仕付けているのかな。。のことなど交えて。てか、犬食文化 - Wikipediaにもあるようだ。
http://raycy.cocolog-nifty.com/what/2005/04/post_cff0.html
ほわっと: 飼い犬にアナル舐められる
糞 - Wikipediaでは
ウサギなどは、自分の糞を食べる
などとあるような。

http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/09f1e95d55a936596058c29a2691272e
霊犀社2 水に流す国。砂に流す国。砂のエントロピー。砂漠の富栄養化について。
これは、紙の再生利用の砂漠件に於ける事例で、この文脈とは直接には、紙代わりのところだけとのつながりです。


ふんころがしのhttp://blog.goo.ne.jp/raycy/e/b3c564030f52e3cfe2fae51a21102ad0
霊犀社2 なぜそれは糞であり なぜそれを転がすのか。


広葉樹は生きている間に食われ、落ち葉となってダンゴ虫に食われ、
腐葉土はダンゴ虫の糞 であるとか。
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/b4946513299ddecf5cd2941e4c2ce8cb
霊犀社2 だんごむし ダンゴムシは落ち葉の下が大好き。敵に出会うと丸くなる森の掃除屋さん。

-------------------------------------------
こうかきますとただただ、とりとめのないものとなりますので、

講演直前の数日の、構想メモをもう一度改めて見直してから、筆を取り直すことといたします。
--------------------------
もう少し、、作業手順を考え、全体の定性的な分析のための大雑把な枠組みを検討してみたいと思います。

定量的な評価までは、かなり遠いのかもしれないのですが、他方、

http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/b5f87b44bd66075a793777b5f3b70fc6
霊犀社2 加齢臭 腸内細菌 自分の匂い

匂い臭いといった、本人の持つ性質依存の測定量といった観点からは、非対称性を持つ測度との近親性も感ぜられ、なにやら 手探りです。



posted by raycy at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | mottainai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

髭剃りの替え刃の交換サイクルについて

どうも本社の経営が、赤字続きのようである、なので、所通(しょつう。弊所に詳しい人物)にも経費削減のお達しが来ている。無給なのに。

で、半年前ぐらいだったか、普段は新聞を読むことのない所通だったが(今後はもう少しは読むかも)、たまたま開いたページが当りだったのか、お得そうな活字に目が行った。

確かこんな広告記事であった。電気髭剃りで、
「髭剃りの切れ味が悪くなるのは、皮脂が付着するからです。わが社の製品はスタンドに待機しておく間に、アルコール洗浄する。アルコール洗浄は、水洗いの10倍よく 皮脂が落ちます。(うろ覚え)」
本当か?財政ピンチの折である。ともかく、アルコールと空き瓶だ、ぴちっと蓋のできる奴。で桃屋の漬物の瓶があいたので、それ使ってるが、もうちょっと扁平な瓶がいいな。

使っているのはT字型手動。剃る前に、替え刃を外して、瓶で洗ってみてみてる。瓶を少し振って、中の替え刃をぐるぐる回すようにして。(あ、これだと、刃の中央部のアルコールの流速が稼げてないなあ。)

なるほど、ある程度は、切れ味が回復したようにも思えた。
それでも、なかなか切れ味が回復しなくなってきた。そこで、アルコール洗浄後の水洗いのときに、(詰まった髭のプッシュ機構無しな替え刃でもあるので)先細毛系歯ブラシ(システマ)のお古でのブラッシングを援用してみたのだが、これは効果の評価が判然としない、逆効果だったのかもしれない。刃をブラシの毛が却って傷めて丸くしたような。その後は、切れ味の回復感を味わったことがない。

ではあったが、最近は、髭をそるのが、なんか億劫になってきた。痛いから。

で、ついにエントロピー学会シンポジウムの会期を待つことなく、新刃に取り替えたという次第。剃り味、特に剃り残しも目立ち、さすがに、ひげ一応当ってから、出席したい。やっぱ、新刃は良く剃れるなあ、実感。

てな、話を、シンポで河宮信郎氏にした。というのも、氏は座席のテーブルで柿の皮を剥いていたところだったからである、氏の利き手側右後方から見たので、ナイフで剥いているのかな?と 一瞬思った。が、よく見ると、皮むき器であった、そういうのもあるんだ、使い方は、ナイフのような感じなのだ。

ナイフといえば、C.W.二コルさんは、ヒゲはどうしているのだろうか。というのも、ちょっと ナイフ系で髭剃りについて、考えたことがあったからであった。ナイフでの髭剃り、すわ、ここにナイフの使い手が! と一瞬。

「刃、替えちゃいました。」と、河宮氏に告げると、「ペーパーで擦ったらどうか」とおっしゃる。そこで「最近の替え刃はスムーザーとかいって、使うと減る、固めの石鹸のようなものがついてるので、刃の当りがだんだんきつくなっちゃうんですよ」と答えた。少し旧式のだと、スムーザーの問題は回避できるかもしれないとも 思ってはいた。

逆に河宮氏からは、氏が使用中の刃は、ダイヤモンド入りと銘打たれているのだが、すぐ切れなくなってしまう 訴えが。「それは 刃の実際に切っているとこはダイヤモンドじゃないんじゃないか」と答えてはみたが、本とはわからん。なんでだっけ?ここで私は一旦退席。

髭剃りについては、以前、「イラク進攻の髭剃り資本による画策説」なる珍説を構想していたこともあった。

ネタ帳では、どうか。
http://blog.goo.ne.jp/raycy/s/%C9%A6
霊犀社2 髭 で検索

http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/8f824669f23387a0572c739c5484117c
霊犀社2 髭剃り アルコール 洗浄

おや、メモは去年の12月から はじまっていたのだ。
ヒトの記憶はあやふや、経費統制がきつくなってから、いよいよ赤字が嵩んでから始めたのだっけ?
posted by raycy at 16:47| Comment(0) | TrackBack(3) | mottainai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この土地(の次年度の営農権ばかりでなく永遠に放棄?)いりません、あげます/あげました 踊り。太田裕美の実家付近に伝わる奇習?

[太田裕美 やったり] goo ウェブ検索結果
やったり踊り、日本国下、天下の奇習ではなかろうか。
農業土地生産性の低い、貧栄養な土地柄なのであろう、年貢の面積辺り平均徴税率を下回る生産しか上げられぬ事が約束された土地であったのか。

譲りあい、いさかいでもあったのかな?それが踊りという形で、祭りへと昇華されていった?一種のパフォーマンス示威行動デモンストレーションか。ならば、税率は減免されたのだろうか、あるいは徴税対象から除外するとか、あるいは下肥を支給されるとか?

(タイトル訂正、土地の営農権利を、相撲勝負などして押し付けあう じゃなくて 押し付けました記念? のようだ。)

土地といっても、いろいろ あらあな。(人生いろいろ、、土地にも、、)

しかし、タダでもらえるなら、いただきたい と 思われる向きもあろう、太田裕美ファンのかたとかで。
まあ、ちょっとは、もったいないようにも、感ぜられたであろうか。
------------------
ところでである。こんなまつりは、他の町にもあるのであろうか。

税金によって作り出された踊り。
ゆがんだ税制の矛盾に、ついには 踊ってしまうという、、、
税制改革監視の街とかはどうか。町興し案として。。
これは、町興し資源として使えるのかどうか。

これら、もったいなさの事例として、一応書いておく。
posted by raycy at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | mottainai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。