自由形式のテスト

はじめに

「もったいない」が ちょっと話題だ。その際、もったいないの精神だとか、もったいないの心だとか、感性的な表現が よく併用される。
ここでは、もったいないの『理論』を、ある程度定式化することを試みる。
大まかな見通しとしては、「もったいない」を
ネゲントロピーやエクセルギーを計量尺度に用いた戦略選択における意思決定問題
と捉えている。
posted by raycy at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | mottainai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。